赤ら顔(※鼻や頬)が気になる!どうにかしたい!

 

「どうしたの?鼻のあたりが赤いよ」
「え?酔っぱらっているの?風邪ひいたの?」

 

相手は悪気があって言ったわけではないですが、ないですが、

 

(わかっているよ!余計なおせっかいだよ!)

 

とあなたは内心、イラッと来ているかもしれません。

 

今回は、返金保証あり!を中心として”赤ら顔対策の化粧水”のランキングを解説します。

 

 

白漢 しろ彩

 

 

  • 返金保証:30日返金保証付き
  • 内容量:100ml※約60日
  • 定期購入:4,480円

 

デメリットは?

 

定期購入の場合は、3回以上の継続が必須です

 

 

しろ彩は顔の赤みの根本からアプローチし、赤ら顔モニターの86%の赤みを軽減させました。

 

また、ヒリヒリ感など刺激が少ないため、かなりおすすめ!

 

※30日間の返金保証があるため、お肌に合わなかったらどうしよう・・・
といった心配がありません。

 

 

【公式】>>白漢しろ彩公式サイトはこちら

 

 

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:110mL※約1か月
  • 定期購入:3,600円

 

デメリットは?

 

返金保証がありません

 

 

ULU(ウルウ)は乳液・美容液・ふき取り化粧液・化粧水・導入液など1本で5役のオールインワン化粧品です。

 

また、完全無添加なので、赤ちゃん〜お年寄り真まで安心使えます。

 

【公式】ウルウ公式サイトはこちら

 

 

ビタK レッドX トナー

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150ml※約1.5〜2か月
  • 定期購入:3,920円

 

デメリットは?

 

  1. 返金保証なし
  2. 定期購入は3回以上の継続

 

 

赤ら顔対策に良いと言われる、”ビタミンKを配合”しているビタK レッドX トナー。

 

皮膚科専門医が開発した化粧品でお肌のトラブルに最適な化粧水です。

 

【公式】>>ビタK レッドX トナー公式サイトはこちら

 

 

赤ら顔Q&A

 

赤ら顔気になる女性

 

赤ら顔の原因とは

 

赤ら顔は毛細血管拡張症とも呼ばれ、顔の広範囲にわたって赤くなる時は勿論のこと、頬や鼻等目立つ場所が赤くなる状態もそう呼びます。
この様に肌が赤くなってしまう赤ら顔の原因は、生まれ持った体質と言われる事も有りますが、実は他に原因があります。

 

そもそも、赤ら顔になる原因は皮膚の薄さ、気温による毛細血管の拡張、ニキビ、皮膚炎、アルコールや香辛料の過剰摂取等様々です。
その為、どの人も肌が赤くなると言う症状では共通していますが、実際には原因となっているものは人それぞれ違います。

 

人間の肌の下には様々な組織がありますが、真皮の下には毛細血管が密集しています。
通常毛細血管自体は肌の表面からは殆ど見えない状態になっていますが、表皮が薄くなってしまうとどうしても内側が透けてしまう為、毛細血管が透けて赤く見えてしまいます。
また気温によって毛細血管が拡張伸縮する事が原因で赤くなってしまう場合があります。
これは拡張を収縮を激しく繰り返した場合に多く起きる現象ですが、伸び縮みを繰り返すとどうしても毛細血管の収縮力が弱まり、拡張したままになってしまうのです。
それによってどうしても肌が赤くなってしまう場合が出て来ます。
さらに生まれつき申さ血管が多いと、その人の体質として拡張したままになってしまう場合も有ります。
もちろんアルコールや香辛料で血行が促進されると赤みが増すと言う事も有ります。

 

 

 

顔の乾燥肌!考えられる原因は?

 

夏から秋にかけていつも使っている化粧品では、肌がつっぱった感じでシワが目立ってきてしまうことが多くあります。このような顔の乾燥肌の考えられる原因は、空気中の湿度の低下があります。自然に潤っていたものが空気の乾燥で失われます。

 

洗顔のしずぎでも乾燥肌を進めてしまいます。若く皮脂の分泌が活発な時はよいのですが、加齢とともに皮脂が少なくなります。それなのに若い頃と同じ洗顔料を使い、ごしごし洗っていては肌の乾燥を進めてしまいます。水が冷たいからといって、お湯で洗うのも皮脂をとりすぎて顔の乾燥肌の考えられる原因になります。

 

生活のリズムが不規則だったり、仕事などの悩みでストレスを抱えていても、肌にダメージが起きます。通常28日周期で皮膚が再生されていくはずのターンオーバーの機能が乱れてくるからです。

 

また、紫外線の刺激でコラーゲンやヒアルロン酸などからできる細胞が壊れてしまい、肌の水分や弾力が失われてしまうため乾燥肌になっていきます。

 

他にも、肌を作っている角質細胞を細胞同士を接着させるセメントの役割を担ってい角質細胞間脂質のセラミドの量が減ってしまうと、肌の保湿ができなくなり乾燥してしまいます。肌のバリアを低下させる原因にもなります。

 

"